search

船舶免許(ボート免許・水上バイク免許・ジェットスキー免許)の取得なら神奈川県横浜市のマリンライセンスロイヤル

船舶免許取り方 ボート免許取得方法

        免許の種類         
船舶の種類や大きさ、航行区域に応じて種類分けされています。

一級・二級はボートの免許、特殊は水上オートバイの免許です。船舶免許航行範囲

自動車の運転免許にたとえたら、一級・二級は普通免許で、特殊は自動二輪の免許のようなものです。
一級・二級では水上オートバイは操縦できませんし、特殊ではボートは操縦できません。

 

  免許を取得できる条件      
年齢 一級船舶免許・・・満18歳
        (教習は満17歳9ヶ月から可能、免許発行は18歳誕生日以降)
   二級船舶免許・・・満16歳
        (教習は満15歳9ヶ月から可能、免許発行は16歳誕生日以降)
   特殊船舶免許・・・満16歳
        (教習は満15歳9ヶ月から可能、免許発行は16歳誕生日以降)

学生コメント 船舶免許●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー

     身体基準             
①視力
両目とも0.5以上あること(矯正可能)一眼の視力が0.5以下の場合は、他眼の視力が0.5以上あり、かつ視野が左右150度以上であること
②色覚
夜間において船舶の灯火の色が識別できること。
灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。
③聴力
5m以上の距離で話声語(普通の声の大きさ)の弁別ができる
④疾病・身体機能の障害
軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。
身体検査についてご不安のある方は、マリンライセンスロイヤルまでご相談ください。
身体検査証明書の記載内容が必要な身体検査基準に満たないと認められる場合は、疾病や障害の程度に応じ、別途専門医診断書が必要になることがあります。
※身体検査の免除
身体検査に合格し、合格日から1年以内に再受験申請(進級等ステップアップ時)する場合は、身体検査が免除されます。
    船舶免許の取得        

船舶免許を取得するには、学科試験、実技試験、身体検査に合格する必要があります。

マリンライセンスロイヤルは国土交通省登録の教習所ですので、規定時間の教習を受けると、国家試験に準ずる修了審査を受け、合格すると国家試験は免除になります。
身体検査は、身体検査証明書の提出で済みます。国家試験会場に出向く必要もありません。
   講習時間の規定        
①一級小型船舶操縦士・・・一般学科12時間・上級学科12時間・実技教習I型4時間=合計28時間(4日間)
②二級小型船舶操縦士・・・一般学科12時間          実技教習I型4時間=合計16時間(2日間)
③特殊小型船舶操縦士・・・特殊学科  6時間                           実技教習Ⅲ型1.5時間=7.5時間(1.5日間)
④一級進級     ・・・上級学科12時間                    =12時間(2日間)
⑤特殊同時受講   ・・・特殊学科  2時間         実技教習Ⅲ型1.5時間=3.5時間(1.5日間)

講師コメント 船舶免許取得

●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●

    学科教習の内容           
一般学科
①心得および遵守事項
小型船舶の船長としての基本ルールやマナーなど当然知っておかなければいけない知識について学びます。
②交通の方法
海上や河川の交通ルールについて学習します。「港則法」「海上衝突予防法」「海上交通安全法」「河川法」等の法律を学習します。
③運航

船を安全に、経済的に目的地まで航行させる方法を学習します。 船の特性や操船方法、エンジンの取扱い、荒天時の対応、事故時の措置気象・海象などを学習します。
上級学科
①上級運行Ⅰ
海図を使ったチャートワークや気象・海象、荒天航法、海難事例などを学習します。
②上級運行Ⅱ
エンジンの保守整備、各系統の保守整備、機関故障時の対処の仕方を学習します。
特殊学科
一般学科の①の心得および遵守事項と②交通の方法を学習します。
③運行
水上オートバイを安全に、経済的に目的地まで航行させる方法を学習します。水上オートバイの特性や操船方法、推進器等の取扱い、荒天時の対応、事故時の対措置、気象、海象などを教習します。
    実技講習の内容         

Ⅰ型船(ボート)

①小型船舶の取り扱い
発航前点検、エンジンの点検、法定備品の点検、エンジンの始動・停止・暖機運転、解らん・係留、ロープワーク、トラブルシューティング、ハンドコンパスによる方位測定などを学習します。
②基本操縦
発進、増速、停船、後進、変針(旋回) 、蛇行(連続旋回)などを学習します。
③応用操縦
離着岸、人命救助、避航操船などを学習します。
Ⅲ型船(水上オートバイ)
①小型船舶の取り扱い
発航前点検、船体外部の点検、エンジン系統の点検、法定備品の点検、ロープワーク、エンジンの始動・停止などを学習します。
②操縦
安全確認、発進・直進・単旋回、危険回避、8の字旋回、スラローム、人命救助などを学習します。
船舶免許 教習風景
    コース                 

Ⅰ型船(コース例)

船舶免許 コース

Ⅲ型船(コース例)

水上バイク免許 コース

    免許の発行         

 

お申込み ➞ 必要書類の提出 ➞ 教習 ➞ 終了試験合格 ➞ 免許申請 ➞ 免許証発行

免許証の発行は、終了試験合格から約1ヶ月かかります。
免許証がお手元に届いたら、あなたは晴れてキャプテンです。安全運航に努めてマリンレジャーを楽しんでください。

免許の違いでどんな船に乗れる?

一級小型船舶操縦士は全ての海域で航行できますが、二級小型船舶操縦士は海岸から5海里(9.26km)、特殊小型船舶操縦士(水上バイク・ジェットスキー)は船舶検査済証(車でいう車検証)に記載されいている範囲内といった制限があります。よくある質問で一級船舶免許と二級船舶免許で乗船可能な船の大きさが異なるというイメージを持たれるお客様も多くいらっしゃいます、船の大きさの制限はなんと「一級船舶免許」も「二級船舶免許」も同じ大きさ(総トン数20トン(20,000kg)未満で水上バイクを除く重量)なのです。船舶免許の種類で異なるのは「操縦できる船の大きさではなく、岸からの距離なのです

また総トン数20トン未満の船舶である事が基本なのですが例外もあり、総トン数20トン(20,000kg)以上のプレジャーボートで、次の要件の全てを満たしている場合には、小型船舶に含まれます。
1,一人で操縦を行う構造であるもの
2,長さが24メートル未満であるもの

3,スポーツ又はレクリエーションのみに用いられるもの(漁船や旅客船等の業務で使用される船舶ではないもの)

中国地方・四国では愛媛/香川・九州地方・そして関西地方にお住いの方は「二級小型船舶免許」を中心にご希望されるお客様が多いようです。東海地方・中部・東北地方・北海道にお住いのお客様には「一級小型船舶免許」をご希望されるお客様が多いですね。水上バイク(特殊小型船舶免許)はそのバイクによって異なりますので船舶検査済証に記載された海里内で航行してください(一般的には2海里≒3.7km)が多いようです。 

※1海里=1.852kmです。 3海里=5.556km  5海里=9.260km(瀬戸内海では十分です)

※1Feet=0.3048m  10Feet=3.048m  40Feet=12.192m(船舶の大きさの参考です)

1級船舶免許・2級船舶免許・水上バイク免許
1級船舶免許 マリンライセンスロイヤル 航行区域の制限がないので、世界の海を航行することができます。(但し、海岸から100海里を超える区域を航行する、動力船の場合は六級海技士(機関)以上の資格を持った機関長の乗船が必要です)。クルーザー、外洋ヨット等、小型船の船長として、使用範囲の極めて広い免許です。「小型船舶」とは、総トン数20トン未満、及び長さ24m未満で一定基準の船舶です。水上オートバイ/ジェットスキーは含みません。
2級船舶免許 マリンライセンスロイヤル 「小型船舶」で海岸から約9kmまでの範囲で操縦できる船長免許です。
釣りやモーターボート等のマリンレジャーを楽しむためには欠かすことのできない免許です。
※ 「小型船舶」とは、総トン数20トン未満、及び長さ24m未満で一定基準の船舶です。水上オートバイ/ジェットスキーは含みません。
ジェットスキー免許 マリンライセンスロイヤル 水上オートバイ/ジェットスキー専用の船長免許です。航行区域は陸岸から2海里(約3.7Km)までです。水上オートバイ/ジェットスキーを楽しむ方には、必ずこの免許が必要です。新1級または、新2級小型免許で水上オートバイ/ジェットスキーは操縦できません。

 

 

安心価格で気軽にレンタル

ヤマハマリンクラブ・シースタイルはレンタルボートだからボートの維持費・係留費は一切不要。

リーズナブルな月会費と毎回の利用料だけで、全国140カ所のホームマリーナでボート遊びを楽しめます。

常にメンテナンスの行き届いたレンタルボートを取り揃え、人数・遊びに合わせてボートを選べます。

レンタルボート マリンライセンスロイヤル レンタルジェット マリンライセンスロイヤル
人気のボート レンタル メンテフリーの水上バイク レンタル
シースタイル レンタルボート ボートレンタル マリンライセンスロイヤル 船舶免許 シースタイル レンタルジェット 水上バイクレンタル マリンライセンスロイヤル 水上バイク免許 ジェット免許
シースタイル レンタルボート ボートレンタル マリンライセンスロイヤル 船舶免許 シースタイル レンタルジェット 水上バイクレンタル マリンライセンスロイヤル 水上バイク免許 ジェット免許
船舶免許 格安 マリンライセンス

船舶免許(ボート免許)を取ったら、免許を生かして「ボートフィッシィング」「トローリング」「クルージング」ボート,水上バイクを使ったバスフィッシング、「水上バイク」「マリンアクティビティー」でマリンライフをもっと満喫しよう!

マリンライセンスロイヤルは船舶免許(一級船舶免許)(二級船舶免許)(特殊小型船舶免許)(船舶免許の進級)を取得された方、または船舶免許の更新・失効講習を受講された方を対象に操船セミナー、フィッシング大会、100目チャレンジ、魚種別・サイズ別釣り大会を開催しております、せっかく取得した船舶免許を存分に生かして休日を親しい仲間やご家族友人でたのしもう。

季節によって異なりますが、水上バイクの講習(マリナクティビティ)など多様なイベントを開催中です、皆様のご参加お待ちしております。

マリンライセンスロイヤル東京【東京・千葉・埼玉・茨木・群馬】

マリンライセンスロイヤル横浜【神奈川(横浜)・山梨(河口湖)】

マリンライセンスロイヤル名古屋【愛知(名古屋)・静岡・三重・石川(金沢/七尾)・富山・福井・岐阜・長野】

マリンライセンスロイヤル大阪【大阪・兵庫(神戸)・滋賀・京都・奈良・和歌山】

マリンライセンスロイヤル広島【広島(呉/東広島/三原/尾道/福山)・岡山(倉敷/総社/)・山口・島根・鳥取】

マリンライセンスロイヤル四国【愛媛(松山)・香川(高松)・高知・徳島】

全6事業所で全国を網羅、北海道や青森など東北地方へお住まいのお客様はロイヤル東京へ、九州沖縄地方のお客様は合宿コースでロイヤル広島へお問合せください。合宿コースは一年中開催しておりますので、お気軽にお問合せください。

 
各エリア・キャンペーン情報
※最寄りのエリア情報を確認してください。

 

船舶免許 兵庫

 

マリンライセンスロイヤルの魅力!

国家試験免除  船舶免許 ボート免許 ジェット免許 水上バイク免許 マリンライセンスロイヤル 船舶免許 免許の取り方 マリンライセンス 国家試験免除 ボート免許
講習風景 船舶免許 マリンライセンス 操船セミナー マリンライセンス 海 船舶免許
更新 失効 講習 マリンライセンス 船舶免許 更新失効講習  スタッフ紹介 マリンライセンス 船舶免許 水上バイク免許
船釣り 船舶免許東京 船舶免許千葉 船舶免許東京 船舶免許千葉 求人 急募 正社員募集 教員募集
社員満足度向上 社内イベント ES企画 レクレーション 社内レク リフレッシュ ボート免許 船舶免許 ブログ 船舶免許東京 船舶免許横浜 船舶免許名古屋 船舶免許尾道 ひとこと マリンライセンスロイヤル
クリスマス 船舶免許 ボート免許 ジェットスキー免許 クリスマスイベント 割引 格安 船舶免許合宿 船免許 クリスマス割引 船舶免許割引 国家試験免除 船舶免許名古屋 船舶免許 ボート免許 水上バイク免許 小型船舶操縦士免許 小型船舶免許 ジェットスキー免許

マリンライフを満喫しよう!

提携マリーナ マリンライセンス 船舶免許 水上バイク免許 提携マリーナ マリンライセンス 船舶免許 水上バイク免許

マリンライセンスロイヤルだからできる!
下記講習も全国各地で受付中!

更新講習 失効講習 船舶免許 水上バイク免許 ボート免許

忘れていませんか?
更新・失効講習

船舶免許の有効期間は5年間です。
更新手続きは、有効期限の1年前から行えます
全国各地で「更新・失効講習」を常に行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ボート免許 合宿講習 船舶免許 船舶免許合宿

ボート免許合宿講習
東京横浜名古屋大阪広島

1泊2日で集中してボート免許が取れます。提携している宿泊施設がございますので、会場が遠い方でも安心して講習が受けられます。
※ 2級と特殊のみ 詳しくはお問合せ下さい。

ペーパーキャプテン 操船セミナー ボート免許

免許取得後のきっかけに!
ペーパーキャプテン講習

マリンライセンスロイヤルでは、実践を兼ねた「ロングクルージング」で、船に乗るのではなく、船を乗り「こなす」ための講習を行っております。

arrow_upward

arrow_upward

arrow_upward