search

船舶免許(ボート免許・水上バイク免許・ジェットスキー免許)の取得なら神奈川県横浜市のマリンライセンスロイヤル

船舶免許取り方 ボート免許取得方法

        免許の種類         
船舶の種類や大きさ、航行区域に応じて種類分けされています。

一級・二級はボートの免許、特殊は水上オートバイの免許です。船舶免許航行範囲

自動車の運転免許にたとえたら、一級・二級は普通免許で、特殊は自動二輪の免許のようなものです。
一級・二級では水上オートバイは操縦できませんし、特殊ではボートは操縦できません。

 

  免許を取得できる条件      
年齢 一級船舶免許・・・満18歳
        (教習は満17歳9ヶ月から可能、免許発行は18歳誕生日以降)
   二級船舶免許・・・満16歳
        (教習は満15歳9ヶ月から可能、免許発行は16歳誕生日以降)
   特殊船舶免許・・・満16歳
        (教習は満15歳9ヶ月から可能、免許発行は16歳誕生日以降)

学生コメント 船舶免許●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー

     身体基準             
①視力
両目とも0.5以上あること(矯正可能)一眼の視力が0.5以下の場合は、他眼の視力が0.5以上あり、かつ視野が左右150度以上であること
②色覚
夜間において船舶の灯火の色が識別できること。
灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。
③聴力
5m以上の距離で話声語(普通の声の大きさ)の弁別ができる
④疾病・身体機能の障害
軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。
身体検査についてご不安のある方は、マリンライセンスロイヤルまでご相談ください。
身体検査証明書の記載内容が必要な身体検査基準に満たないと認められる場合は、疾病や障害の程度に応じ、別途専門医診断書が必要になることがあります。
※身体検査の免除
身体検査に合格し、合格日から1年以内に再受験申請(進級等ステップアップ時)する場合は、身体検査が免除されます。
    船舶免許の取得        

船舶免許を取得するには、学科試験、実技試験、身体検査に合格する必要があります。

マリンライセンスロイヤルは国土交通省登録の教習所ですので、規定時間の教習を受けると、国家試験に準ずる修了審査を受け、合格すると国家試験は免除になります。
身体検査は、身体検査証明書の提出で済みます。国家試験会場に出向く必要もありません。
   講習時間の規定        
①一級小型船舶操縦士・・・一般学科12時間・上級学科12時間・実技教習I型4時間=合計28時間(4日間)
②二級小型船舶操縦士・・・一般学科12時間          実技教習I型4時間=合計16時間(2日間)
③特殊小型船舶操縦士・・・特殊学科  6時間                           実技教習Ⅲ型1.5時間=7.5時間(1.5日間)
④一級進級     ・・・上級学科12時間                    =12時間(2日間)
⑤特殊同時受講   ・・・特殊学科  2時間         実技教習Ⅲ型1.5時間=3.5時間(1.5日間)

講師コメント 船舶免許取得

●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●

    学科教習の内容           
一般学科
①心得および遵守事項
小型船舶の船長としての基本ルールやマナーなど当然知っておかなければいけない知識について学びます。
②交通の方法
海上や河川の交通ルールについて学習します。「港則法」「海上衝突予防法」「海上交通安全法」「河川法」等の法律を学習します。
③運航

船を安全に、経済的に目的地まで航行させる方法を学習します。 船の特性や操船方法、エンジンの取扱い、荒天時の対応、事故時の措置気象・海象などを学習します。
上級学科
①上級運行Ⅰ
海図を使ったチャートワークや気象・海象、荒天航法、海難事例などを学習します。
②上級運行Ⅱ
エンジンの保守整備、各系統の保守整備、機関故障時の対処の仕方を学習します。
特殊学科
一般学科の①の心得および遵守事項と②交通の方法を学習します。
③運行
水上オートバイを安全に、経済的に目的地まで航行させる方法を学習します。水上オートバイの特性や操船方法、推進器等の取扱い、荒天時の対応、事故時の対措置、気象、海象などを教習します。
    実技講習の内容         

Ⅰ型船(ボート)

①小型船舶の取り扱い
発航前点検、エンジンの点検、法定備品の点検、エンジンの始動・停止・暖機運転、解らん・係留、ロープワーク、トラブルシューティング、ハンドコンパスによる方位測定などを学習します。
②基本操縦
発進、増速、停船、後進、変針(旋回) 、蛇行(連続旋回)などを学習します。
③応用操縦
離着岸、人命救助、避航操船などを学習します。
Ⅲ型船(水上オートバイ)
①小型船舶の取り扱い
発航前点検、船体外部の点検、エンジン系統の点検、法定備品の点検、ロープワーク、エンジンの始動・停止などを学習します。
②操縦
安全確認、発進・直進・単旋回、危険回避、8の字旋回、スラローム、人命救助などを学習します。
船舶免許 教習風景
    コース                 

Ⅰ型船(コース例)

船舶免許 コース

Ⅲ型船(コース例)

水上バイク免許 コース

    免許の発行         

 

お申込み ➞ 必要書類の提出 ➞ 教習 ➞ 終了試験合格 ➞ 免許申請 ➞ 免許証発行

免許証の発行は、終了試験合格から約1ヶ月かかります。
免許証がお手元に届いたら、あなたは晴れてキャプテンです。安全運航に努めてマリンレジャーを楽しんでください。

arrow_upward

arrow_upward

arrow_upward